2019/12/23

このサイトについて

POLYMPICについて

 政策が競い合うから、ポリシーの五輪でポリンピック。まぁ、ダジャレです。JOCともあの世界的イベントとも、まったく関係ありません。 
 POLYMPICは市民有志の集まりとして、活動の基盤を「中根やすひろを育てる会」に置いています。この名前にピンと来ちゃう人もいるかと思いますが、詳しいいきさつは「政策について」「委員会について」「メッセージ」等をご覧ください。
 原則として、一番大事にしているのは、次の「POLYMPICの目的」に書いた通り、政治への信頼と期待を取り戻し、投票率を上げることです!

POLYMPICの目的

政治への信頼と期待を取り戻す
政治への信頼と期待を取り戻す

政治への信頼と期待を取り戻す
 とにかく政治への信頼と期待を取り戻さなくちゃ、と思っています。これを地に足のついた形でやるには、地元の市政で取り組むのが一番と考えて、まずは岡崎市の市政をテーマに取り組みます。
 やることはとてもシンプル。市民の声を元にまとめた政策を並べて、市民に投票してもらうだけ。政治家の押しつけでなく、市民が求める政策は何なのかを知って、実現につなげたいのです。
 もちろんこれだけで信頼や期待を取り戻せるとは思っていません。ただ、何もしないでは前に進めません。一つのきっかけになったらいいなと思っているのです。

POLYMPICの特徴

人ではなく政策に投票する
 今までの選挙と違って、人ではなく政策を選ぶのがPOLYMPIC。もちろんそれを実現する人を最終的に選ぶことにはなるのですが、その前に「なにをやってほしいのか」を市民の声として、はっきりとした形にできると思います。
 人だけを選ぶ選挙では、相容れない政策を同じ人が掲げている場合、まるでどちらかが人質に取られたような状態になってしまいます。でもそこに「やってほしい政策の順位」が示せれば、その人を選んだ「理由」も伝えられるのではないでしょうか。
 そこまで行けば「どうやって政策を実現するのか」という、政治家としての実力を明らかにする道筋も表れてくるでしょう。POLYMPICは、政治に対して、今よりも透明性の高い形で、今より民意を反映させる一つのアイデアなのです。

人ではなく政策に投票する
人ではなく政策に投票する

 
POLYMPICの考え方やルールなど、よくご覧になって参加してください。よろしくお願いします!

ホームへ先頭へ前へ戻る